何か未払いのまま残っているものはありませんか?

未払いが増えると本来払わなくていいお金が増える!?

これは日本だけの話ではありませんが、生きていると最低限暮らしていくのに何かと、余計なお金がここで掛ってしまいます。 税金や年金、保険などもそうですが公共料金、最近では携帯電話も必需品となっています。 携帯などは支払いの期日を守らないで遅れてしまうといけません。 ここからまた、どんどん利子が膨らんでいつのまにか大きくなってしまいます。 そもそも、支払いの期日を守らないと利子が嵩みお金がいつのまにか気が付くと支払いに追われます。 そして更にどんどん徐々になくなってしまいます。 銀行や郵便局、コンビニなどで支払いをするのもいいです。 そして、それに伴い口座振替や引き落とし、クレジットカード払いなども簡単で便利でより確実性が高まります。 それでも意味を持ってしっかりと自分の専用の口座にいくらオンタイムで入っているかがチェックがあります。 ここでは、それが定期的に細目にチェックをし、これから確認しないといけません。 これがいつのまにか止められてしまったりすることも可能性としてはあります。 金利が無駄にかかってしまうこともありますので、随時チェックを頻繁に行い注意が必要です。

国民年金は6割程度の納付率で残りは未払い

この問題の背景には制度に対する不信感があります

国民年金の未払いの増加が非常に将来的には大きくなっています。 これは自分ひとりだけの問題ではなく日本全体としての問題です。 各個人は「自分は将来貰えなくてもいいと考えているかもしれませんが」それで今まで何十年も支払いを続けてきた人が、その時に受給できなくなる可能性があるのです。 未払いの分を総額すると5442億円になり今後もさらに増加する事が予想されています。 高齢化が進みこれから支払いを続ける人の負担が少しずつ大きくなることとがあります。 それによる保険料金の値上がりも懸念されている以外にも年金記録問題もあります。 今まで未払いを続けてきた人の不信感をさらに煽るものとここではなってしまいました。 また受給開始年齢の引き上げなどもニュースで騒がれています。 2011年の東日本大震災の影響でさらに未払いの人口は増える事が今後は世間でも予想されます。 消費税のアップやTPP加盟か非加盟かによる影響も含めてもです。 これは今後日本の経済がどうなるかは誰にも判断できないような状態に徐々になっています。 低所得者は国民年金の免除を受ける事も可能なのです。 実際それの申請を行う人はまだ少なく見積もっても推測ですが300万人以上います。 ポイントとなる要点をまとめると差し押さえの件数を増やしたとしてもこの問題は解決されるわけではないのです。 ですから将来的にも日本全体の大きな難しい悩みとなっています。

NHKの受信料の未払いについては解決策がなかなか見つからない

テレビ離れが進んでいる状態の中NHKの料金は?

若者のテレビ離れがYouTubeなどによって進んでいる事でNHKだけでなく民法も広告なども今後の対策を練らなくてはいけない状態になっています。 そんな中新たにNHKと進んで契約をしようとする人が増加するとはあまり考えられません。 いくら受信することができるものを持っていたら支払いをしなくてはいけないと言われたとしてもなかなか納得できるものではありません。 実際にインターネットはするけれどもテレビは、今の段階では全く見ないと言う人にとってはこれほど意味不明な支払いはないでしょう。 それがワンセグ機能が付いている携帯を持っているからと請求を受けた場合は尚更です。 しかし、それでも支払いを続けている方も多くいますので、これではやはり不公平が生じてしまっているのは現実です。 この結果として現状ではこの問題については裁判になり支払いを命じられたケースもあります。 メディアからの夕方のニュースで見ない日はないくらい解りやすく頻繁にあります。

日本のサービス残業の未払い問題

仕事に対しての欧米との価値観の違いもあります

働き過ぎな日本人というのは欧米からよく言われている事ですが、それに対しての賃金がしっかり発生していればそれでも良いと考える人は多いのかもしれません。 しかし、サービス残業が当たり前になっている会社が日本には多い事も海外からそのように言われてしまうひとつの理由なのかもしれません。 やはり職場によっては給料が発生しなくても残業することは暗黙の了解になってしまっていることがあります。 「上司がそうしているから部下も未払いでも仕方がない」という考えや「この先も出来る限り可能であるならばこの会社で働きたいしサービス残業でその分の賃金が未払いでも仕方がない」という考えがきっと欧米人にとっては信じられないのでしょう。 それでも労働基準法が改正されたり大手企業のサービス残業の給与の未払いがニュースとして取り上げられたりと10年前と比較したら変化はでてきています。 しかし、まだまだそういった事を一切受け付けない古い体質の大手企業やそれでも働ける事がありがたいという考えはこの就職難の時代には消えることなく存在しています。
受給者 生活保護

携帯の未払いは社会的信用を失います

今の時世ですと携帯電話を持ってない人がいないくらいに広がっています。 2010年では保有率は96.3%と高くなっていて、オンラインのビジネスや職場でも欠かせない存在になっています。 その携帯が未払いによって止まるということは、その人の社会的信用が無くなることになり、これが大きなマイナス要素になってしまいます。 このミス的な未払いは、口座の自動引き落としにすることで防げますが、金銭的な事情ですと困ったものになります。 会社の雇い主としても、社員の携帯が「お客様の都合により通話ができなくなっております」になると「金銭にだらしない」と感じて信頼感が減少し出世にも少なからず大きな妨げになります。

このページの先頭へ