国民健康保険を未払いでいると最終的にどうなってしまうのでしょうか?

日本の国民は皆健康保険に入らなくてはいけません

例えば会社を辞めて社会保険ではなくなった方は、必然的にというよりは自動的に国民健康保険になります。 仕事している時は給料から天引きされていた方も国民健康保険では自分でしっかりと支払いを誰もが当然しなくてはいけません。 それが未払いになってしまうと、やはり催促があります。 それでも支払いがない場合には保険証を更新できなかったり、貰えなかったりします。 これが、また強制的に差し押さえの可能性も少なくはなく、このようなことが実際にあるのです。 万が一の時の病気などのためではなく、義務的に料金を支払っていかなくてはならないのです。 それでは収入がないから困ると言う方もご両親の扶養などになれば、このような支払いは必要ありません。 実際に、すぐにはここでは未払いにはなりません。 どこにも加入していないと事は、ここではありません。 ですから、その期間の料金の支払いは確実に行っていかなくてはならないのです。 もちろんお住まいの地域の自治体によって健康保険の未払いや滞納の措置は若干以前とは異なってきます。 そして平均的に一年以上滞納すると自分で役所の窓口まで貰いに行かなくてはなりません。 必然的にその時に料金の支払いを命じられるわけですので、考えられる結果として見ましょう。 ここでは納付を行うか誓約書を書かなくてはならないなどもあります。 積極的に行っている地方の自治体も中には実際にあるようです。

国民健康保険を未払いで給料や財産の差し押さえは?

確実にあるともないとも言い切れませんが、この保険料の支払いをするという意志を見せる事が大切です

国民健康保険を未払いや滞納していると差し押さえになることがあります。 それはいったいどれくらいの確率でなるのでしょうか。 もちろんお住まいの市区町村の役所の担当者によって各個人の判断は変わってくるわけです。 当然、人間ですから冷たいと判断される事もあります。 こういった事情などを最低限しっかりと説明することによってです。 人間ですから多少甘く見てくれる事もあるかもしれません。 一般的に1年以上納付せずに支払いをしないでいる方です。 新たに誓約書を交わしたり何度も注意を受けているのに未払いのままこの制度を利用している方もいます。 その様な方は差し押さえの可能性が非常に高いので注意が必要です。 やはり担当者の相手も人間ですので、少しでも支払いをしているのと全くしないのでは、これは受け取り方がまったく変わってきてしまいます。 たまにこの制度には時効があってチャラになることがあるという都市伝説的な噂を耳にする事がありますが、その時は住所不定という扱いを受けた時です。 結果的にはこれは住所が抹消されると言う事になります。 これは結局はそこからは税金や保険料が発生しないと言う事になります。

このページの先頭へ