ドコモの携帯電話は2カ月分遅れると強制解約です

ドコモからの催促に応じないと債権回収会社に回されます

NTTドコモだけでなく他の会社でも同じような事が言えるのですが携帯電話の料金の滞納を続けていると、まずは当然ですが携帯電話が使えなくなります。 その後請求月から2カ月これが続いてしまうと、ここで強制解約となってしまいます。 結局はこの間も延滞している料金には年14.5%の利子がついてしまいます。 実際にはこの強制解約までの期間がドコモなら6月請求ならどうでしょうか。 これを目安として8月31日までにこの分の支払いを、ここで完了させないと、これは9月1日解約となってしまいます。 この後もドコモの会社から料金支払いの催促が何度もきます。 それでも支払い請求に応じないと、それによってドコモから債権会社に回収が回されてしまいます。 それは契約要項にも書かれていますので、やはり結局はこれは他社でも実際に稀に同じことになります。 やはり事実としてそうなると最終的には裁判になって差し押さえになる事もあります。 これが最近では携帯電話の未払いで繋がらない状態になってしまうとどうでしょうか。 結局その人の信用問題にもかかわってくるとネットでも言われています。 特に仕事上の取引をしている方などは止められてしまうと損しかないのです。 これは中には電波が悪い事に対して文句やクレームを強めに入れる方もいますので、これは事前に予めチェックと注意が絶対に必要です。

ドコモの携帯で強制解約されてしまうと起こる事

支払いが終わるまで上記の他社との新規の契約ができない

これはNTTドコモのホームページに記載されているものを参考にしたものです。 ここに載っているということは他社でも同じ事が言えます。 未払いを解消するまではここに記載されている会社とは新規で携帯電話の契約を結ぶことはできないと言う事です。 しっかりと料金の支払いを済ませ未払いが解消されれば、新たに新規契約を結ぶことは可能です。 本体の料金の割賦払いが難しかったりするという障害が出ている方もいるという報告もあります。 それが本当に強制解約になってしまってから料金の未払いがあることがありますので、これが原因かは定かではありません。 そうなると、これは(クレジットカードでブラックの扱いを受けている方は割賦払いができないこともあります)マイナスであることに変わりはありません。 もちろん、これは携帯電話があることが全てではありません。 これは仕事やプライベートでも生活で障害が出てしまう事もあるでしょう。 ドコモだけでなく多くこのような事態に陥ってしまっているのが、引き落としの設定をしたものの口座の残高不足で未払いの扱いを受けてしまうパターンです。 これはクレジットカードでも良く見かけられる事故の理由である多い一つです。 確実にチェックを怠らず十分注意するようにしましょう。

このページの先頭へ