ずっと滞納し続けるとブラックリストに載るのか

他社でも新たに契約することが難しくなります

料金を未払いで滞納すると支払いの期日から既定の日時を過ぎるとまずどこの会社でも契約内容にもよりますが、それによって携帯電話の使用ができなくなります。 その後も催促があるにも関わらず支払いをしないと強制的に解約をさせられてしまいます。 そのような手続きをされてしまうとその後料金を払っても現在の携帯電話番号は使用できないだけではデメリットはないのです。 これは機種のデバイスはdocomoやau、softbankなどと新たに新規契約がかなり難しくなります。 これは滞納した方が強制解除・解約リスト(悪く言えばブラックリスト)に載ってしまう危険な可能性があるからです。 そして未払いの分の料金の支払いをすれば、そのリストからは外れ新たに契約ができるようになります。 現状ではこのような利用者の秘匿情報は、こうした携帯電話会同士で交換しているのです。 結果として、やはり、ここで前述した大手では未払い分の支払いがしっかりと確認されない限りです。 このように自分が契約していた会社でなくても新たに契約を結ぶ事は難しい事が予想されます。 このポイントはソフトバンクでは料金の未払いで他社なら携帯電話の機能が全く今の所ありません。 つまりは使えなくなる所を規制されてから目安は(所謂、止められてから)10日くらいです。 または、強制解約までは電話を受けることとメールが来ている事は確認ができるようです。

期日までに支払いをしないと延滞利息が掛かってしまいます

年14.5%の延滞利息ですので膨れ上がります

いくら携帯電話が強制解約されて新規の契約ができないからと言って、SNSがメインの今の時代に携帯電話を持たないで普通の生活をしていくことは非常に難しいです。 特に仕事の面では個人のスマホか携帯を持っていない事はマイナス面が非常に大きいとここでは言っていいでしょう。 個人的な考えのもとでコストが掛かる携帯電話を持たないのならまだしもです。 料金の未払いで資金面で持つ事ができないとなると社会的信用も失くしてしまう危険な恐れがあります。 前金制のプリペイド式カードなどを持つ事は簡単に可能です。 これが単純に未払いをずっと続けていく事で無駄な延滞利息が掛かってしまうので、これがどんどん更に大きくなってしまいます。 自己破産や債務整理でもしない限り数字が膨れ上がる悪循環がなくなることはありません。 もちろん、ここでは未払い分をしっかりと支払えば新たに大手携帯電話会社と契約する事も最終的には可能です。 携帯料金の未払いが一番多いケースは他社と新たに新規契約して以前の機種の料金の解約を忘れてしまったりすることがあります。 自宅に来る請求金額が少額でそのままになってしまったりすることです。 新居への引っ越しや移動などで催促の手紙が届きにくい家庭の環境になってしまったりするとそのまま放置してしまう事がよくあります。 最後の解約手続きは料金の支払いもしっかりと忘れないで済ませましょう。 こういった書面で別途手続きをすることで銀行口座振り替えやクレジットカードでの支払いも毎月忘れなくて便利です。

このページの先頭へ