ソフトバンクのiphoneを料金滞納で使えなくなった場合

料金未払いのまま他社で使用することはできません

ソフトバンクのiphoneが料金未払いによって止められてしまった場合、他社と新たな契約をiphoneで結ぼうと思ってもそれは難しくほとんどの場合できません。 仮にそれがiphoneではなかったとしても料金の未払いが残っているうちは他社との新規契約はほぼ100%不可能とまでも言われています。 もちろんskypeやviberやsafariなどの使用も他社との契約ができないため使用することはできません。 そもそもauやdocomoからsoftbankも変わりはなく同じ事が言えます。 またiphoneの場合割賦払いで購入した方もいるかと思われます。 しかし、その際も一括払いで収める、分割払いで支払いをしていく等のほか、このような違約金などがここでは発生することがあります。 これは結局ソフトバンクの携帯でなくても、最初に0円で購入というような謳い文句になります。 2年間の契約を結んでしまった方たちは特に注意が必要です。 それはつまり、この一括購入した方は料金の未払いさえなければいけません。 これは比較的スムーズに他社への移動がここではできると思います。 これの通常はソフトバンクのネットや電波が悪いとauのiphoneに乗り換える人がかなり多い中です。 結局はこの問題で我慢して断念してしまう人もやはり多いようです。

ソフトバンクの携帯電話は止められても受信はできる?

強制解約される危険性もありますので注意しましょう

iphoneに限らず孫正義のソフトバンクでは携帯電話の料金の未払いで支払い予定日を過ぎて発信ができなくなっても電話を受ける機能は残ります。 またメールの機能も添付ファイルがあったり長文の場合は全てを見る事ができませんので、これは非常に不便になります。 稀にあんまり自分から電話をする事はないし、「かかってくるならこのままでいい」というような考えを持つ方が実際にいます。 結果的にそれなら最初から受信専用のプランにした方が料金的にもお得になります。 どうしても、この期間はすぐに終わってしまうと言う話もあります。 しかしだからといってそのままほったらかしにして未払いのままにしてしまうと、ここで強制解約をされてしまう事が実際にいくつかあります。 そうなってしまうと他社で新規契約を結ぼうとしてもその情報が残ってしまうため新たな契約はできなくなります。 特にsoftbankだけでなく大手と言われる会社では結局同じ事が言えますので、そして所謂これが携帯電話業界においてブラックリストに載ってしまうということです。 この状態は料金を支払ったら解除されると言う話はありますが、しかし、これで実際に他社との契約はできてもそのような履歴が全て無くなると言うデータ的な根拠はありません。

このページの先頭へ